独立開業時期を思い切って相談してタイミングバッチリでした!

電話占いの体験談
今までの勤務先でチームを運営している中で、独立開業を行う人が多い分野だからこそ自分もいつかはと思っていました。

いよいよ開業資金が貯まって一歩踏み出そうとしたタイミングで思ったことは、「すぐに開業して大丈夫だろうか?」という不安です。

経営者は占い師に運気を見てもらうことがあるという話を先輩からも聞いていたものの、占いの館が開いている時間帯には残念ながら仕事中で相談できません。

そこで、電話占いサイトを頼ってみることにして、占い師Aさんのアドバイスを受けます。

私「独立開業時期を3ヶ月後と1年後のどちらが良いか悩んでいます。運気をみてもらえませんか?」

A先生「具体的にどのような分野で悩んでいますか?少し範囲を広げてみましょう。」

私「取引先予定がB社とC社が中心で、B社との取引可能時期が半年後の予定です。C社はもう少し先になる見込みですね。」

A先生「独立開業するなら黒字となる時期の見込みが3ヶ月後改行よりも1年後改行の方が早いと出ています。その間にもう1社取引先予定を探してはどうでしょう。」

私「あくまでも契約前だからもう1社安定取引先が必要というわけですか。参考になりました、ありがとうございます。」

実際にはもう少し様々なやり取りがありましたが、企業秘密となる部分を控えると大体上記のような感じになります。

ポイントとなるのは、ズバリ3ヶ月後と1年後のどちらが良いのかという鑑定ではなく、黒字へ転換可能な時期がどちらが早いかという話でアドバイスしてくれたので、運転資金の余力を考慮して銀行融資を最小限に抑える1年後の改行が良いという判断を自信を持って行うことができました。

アドバイスを参考にして自分で開業時期を決められたことにより、トラブル無く独立開業に踏み切れて後悔せずに済んで良かったと考えています。